• TOP > 2009年5月16日 拍手回答12

拍手回答12

| カテゴリ : , |

久し振りな気がする拍手回答です。
特に何か書くようなことはないんですが、拍手回答をサボっていたことを思い出したので。

僕のきっかけは友達に進められたキノの旅でしたかね・・・
それでハマってしまい、ちょっと辛いことがあり本屋へゴーって感じです(お金がなかったので当時は立ち読みで読みきってました)
今は逃避の先ではなく娯楽です。

一瞬でも辛いことを忘れて楽しんでもらえたなら、それは作家として本望だと思います。
面白かったと言ってもらいたい、楽しんでもらいたい、というのが、モチベーションの第一歩ですから。
僕の本もそう思ってもらえるように、頑張るつもりです。
ああ、我ながら真面目なコメントをしてる。今日はどうしたんだ俺。

僕のところは100kbpsしかでませんよ・・・・

あとでチェックしてみたら、128kbpsしか出てませんでした。
最大204kbpsって話だったけど、どうもその速度が出せる対応エリアはほとんどないみたいですね。
WILLCOMはJAROに怒られるべきです(ムキー)。

ピッチングセンターに行って測ってみたら球速約60キロ……肩が弱すぎです。俺。

それは……遅すぎです(笑)。
僕もたまにバッティングセンターに行きます。
そこにストライクアウトのゲームマシンがあって、スピードガンで球速を計ってくれるんですが、軟球で110km/hくらいでした。
硬球だったらもっと遅いかも。

小説を書いていない頃に比べれば、俺も読書量は減ったかもしれません。読む楽しさの他に書く楽しさも知ったからでしょうかねー。

読書量はまた増やそうかなと思っています。
最近、表現力がワンパターンに陥っていることを痛感していて、勉強が足りてないなと感じるので。

北山さんはテストはコツコツタイプですか? それとも一夜漬けタイプですか?

小学時代は、全くやりませんでした。宿題もほとんどやらなかったから、よく怒られてたなあ。
中学時代はコツコツです。テスト2週間前から計画立てて、毎回きっちり対策してました。
高校時代は一夜漬けです。中学時代の反動が来て、とにかく勉強はしませんでした。ここで怠けずにもっとしっかり勉強してたら、人生変わってたかも。

実は今回の試験で赤点を取ったりすると、留年だったりします。

僕は大学時代に1年留年しました。
単位が空から降ってくるようなお気楽大学だったので舐めきっていたせいです。
学費と生活費を稼ぐのにエライ目に遭いました。
留年はシャレになりません。
頑張って試験を乗り切ってくださいね。

イースオンラインのオープンサービスが開始されたそうです。オンラインゲーム経験一回(無料のゲームで、難しくかったんで一回やってやめました)の俺ですが、イースだったら好きなゲームなので試しにやってみようかなーと、思っているのですが、動作環境のスペックが公式サイト見ても機械知識に疎い俺にはよくわからないため、検討中です。問題が無ければやってみたい。 北山さんはオンラインゲームはやられます?

イースオンライン、抽選に申し込むつもりがすっかり忘れていて、参加できませんでした。なんてこったい。
オンラインゲームは基本的にやらないようにしています。
やると廃人レベルにまでハマるのがわかっているので、これ以上執筆時間を削る要素は遠ざけているのです。

一番最初に買ったのは「トラブル・てりぶる・ ハッカーズ」だったような。

作家を目指そうかなと思うようになったきっかけの一冊です。
何度も読み返して、構成を分解して研究したりしました。
懐かしいですね。

アニメに嵌るきっかけは、スレイヤーズNEXTと朝の 再放送で放映されていたチャチャ、それとレッツ&ゴー WGP、ナノセイバーですかね。あの頃は良作が多かった。

アニメはあまり見なかったですが、それでもエヴァには多大な刺激を受けました。
最近は、同期の石踏さんや瀬尾さんお勧めのアニメをちょこちょこと見てます。
マクロスFは大満足でした。

新井輝先生のROOM NO.1301が終わりましたね… 確か高2の頃に友人が読んでみたいと言っていたので読み始めたんですが(その友人はまだ読めてません) なんかこう、もやもやが残りますね。 や、ROOM NO.シリーズに限ったことではないんですが。 達成感と解放感と喪失感が入り混じっているというか。 ん~、シリーズ最終刊を読み終わったときの感情は未だに言葉では表せませんね。

あー、何となくわかります、その感覚。
まだ続きが読みたいんだけど、それ以上手を加えると作品が壊れてしまうこともわかっていて、自分の中で折り合いをつけなければいけないもやもや感みたいなものでしょうか。
そういう余韻がいつまでも記憶に残る作品を作っていきたいものです。

バリ取りしてるのなら、ガンダムマーカーで部分塗装&墨入れもぜひぜひ。 製作時間は爆発的に増えますが(汗)、完成度が飛躍的に高まりますのでお勧めです。

部分塗装すると、継ぎ目とかが目立たなくなるんでしょうか。
ガンプラの世界も奥が深そうですね。
今度石踏さんに詳しく聞いてみようと思います。

情けないことに近所の本屋にレジスタ3巻がなかったのでまさかの打ち切りが来たと思っていました。 今日、3巻を(そして先生のブログを)見つけ非常に嬉しかったです。 これからも期待してます。そして、打ち切りにならないように頑張ってください!

うっ、いやまあ、結構危なかったんですが、何とか4巻まで出すことができました。
そしてここで告知するのもアレなんですが、4巻で完結となります。

石踏さんのところで語られてましたよう

石踏さん、どうもですー。
今度、上手い写真の撮り方教えてください。

ガンプラですかー。自分は作ろうと思って買ったものの、難しくて途中で挫折した人間です。中3ぐらいだったかなあ。今なら作れるかも、と楽観的に考えてみます。

僕もプラモは挫折した口なんですが、今は接着剤も塗装もいらないので、昔と比べれば全然簡単になってますよ。
最初に1/100から入ったのがよかったのかも。
1/144から入ってたら、多分イライラして放り投げてたはず。

ISSですかー、夜空にて肉眼で見れるとは知りませんでした。時間さえ合えば見れるんですね。ちょっと驚きです。テスト勉強さえなければ、夜更かしして見るんですけど。テスト終わったらチャレンジしてみようかと思います。

ISSは明け方だけではなく、夕方にも見えるチャンスがあるので、ぜひ運行スケジュールをチェックしてみて下さい。
結構速いスピードで流れていきます。
あの中に人が滞在してるんだなと思うと、なかなか感慨深いものがありました。

イチブイを見て
>シェリルの立体マウスパッド
おっぱいっスか?

おっぱいです。

そういやもう大相撲夏場所始まってますね。
力士にとったら、年6回の本場所って結構大変なんでしょうね。
大抵の怪我って2か月では治りませんし、体力的にもきつそう。
季節の移り変わりなど人間の生活サイクルからいって、何事も3か月に1回というペースが適度のような気がします。

今回、すぐに別の仕事が入ったせいでというか、お陰さまでというか、充電期間がほとんどありませんでした。

自分の中にあるものって、自分が思っているよりはずっと少ないんですね。
想像力と応用力だけでは限界があって、外から力を溜め込む必要が出てきます。
それは、自分の趣味からだったり、周囲の人間関係からだったり、会社での仕事からだったり、学校での勉強からだったり。
とにかく見て、聞いて、体験して吸収しないことには吐き出せない。
もちろん技術的に未熟で、単に自分の中にあるものを生かしきれていないだけかもしれませんけど。

大楽さんの行動を見てて、ふとそんなことを思ったりしました。

きっと僕にも「変化」が必要なんでしょうね。

▲上に戻る